K's Archiveへようこそ

このサイトは「好奇心が芽吹く」をテーマに管理人が独断と偏見を堂々と持って
様々なモノゴトについて情報発信をするブログです。
管理人の趣味や嗜好、気分が赴くままに駄文を投下し続けます。
暖かく応援してやってください。



サイトメニュー
ホーム プロフィール おすすめモノ 自分流記事 悠々自適日記

2014年06月19日

今、注目すべきDirty Loops


また新しいバンドが日本にやってきました。
彼らの名はDirty Loops。

最初に言っておきましょう。
テクニックの高さがハンパないです。
特にベースのヘンリックはギターソロのようなフレーズを平気で引き倒す強者で、そのヘンリックを着実かつ華やかなビートで支えるのがドラムのアーロン。そして何よりもDityのカラーを決定づけているのがボーカル・ジョナのハイトーンボイス。

まさに三位一体というようなバンドで、見るもの聴くものを圧倒するパフォーマンスを持つバンドです。
メンバー3人ともスウェーデン王立音楽アカデミーの出身で、在学中から活動を開始。
どの会社とも契約をせずネットからプロモーションしていくスタイルをとっていました。
そしてあの巨匠デビッド・フォスターが1年以上のラブコールの末に契約までこぎつけたという、全世界大注目のバンドなのです。

先月5月16日にはBillboardLive大阪にて出演、2日後の18日はBillboardLive東京に出演、アンコール含めて11曲を演奏しました。
私も会場に行きましたが、あんなに満員のBillboardを久しぶりに見た気がします。

有名なアーティストのカバーも定評のある独自のアレンジで演奏し、見事に会場を盛り上げていました。
一度聴けば離れなくなるメロディを是非体感していただきたいです。







posted by kiddy at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

青天の霹靂を見てきました

先日、映画「青天の霹靂」を鑑賞してきました。



劇団ひとりが原作・初監督を務めた映画として話題のこの作品。

正直、芸人さんの作るストーリーや演技に対してはそんなに期待をしていないのですが、私の大好きな俳優大泉洋が出演するとあらば見ないわけには行かないと、映画館まで足を運んだわけです。


大泉の演技さえ見られたらと思っていたのですが、物語は冒頭から激しく展開しました。

平たく言えばタイムスリップもののストーリーなのですが、いわゆるSFとは違い昭和に生きる人々の人間愛や親子愛、そして劇団ひとりの願望(恐らく)が絡み合い、息もつかせぬ非常に面白い作品になっていました。


紅一点の柴咲コウの演技もかなりの成熟を見せており、劇団ひとりや大泉など出演陣に負けない堂々の演技でした。そして可愛かった。

そんな柴咲コウに叩かれるシーンが非常に印象に残り、物語後半では涙も誘うのですが先述の通りあれは劇団ひとりの願望なのでしょう。笑

それもまた、違う楽しみ方かもしれませんね。


思い切り笑えて、ドキドキして、涙もあるのですが最後は家族愛に心があたたまる。

そんなハートフルな映画でした。

エンディングテーマのMr.Children「放たれる」も必聴ですね。


最近笑っていないあなた。泣いていないあなたにはもちろんおすすめ。

お父さんお母さんにご無沙汰しているあなたにも是非見ていただきたい映画です。




posted by kiddy at 21:25 | Comment(0) | おすすめモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。